令和元年度 茶道部鶴陵際のお知らせ




平成26年度の茶道部の活動報告








平成25年度の茶道部の活動報告



平成22年度の茶道部の活動報告

 

 

 平成22年8月の活動

日の光のまぶしい八月一日(日)、第三十一回  学校茶道研修茶会(於 かながわ平和祈念館)に、
米山宗節先生のご指導のもと、横浜市立西谷中学校とともに、
立礼席の席主として参加しました。

午前中は、水屋仕事や下足番として 中学生のお点前を支え、午後はそれぞれの学年から二回ずつ
点前(てまえ)半東(はんとう)の二人が出て、 お客様にお茶をお出ししました。


 

 三年生は昨年に引き続いてのお点前(てまえ)でしたが、一、二年生たちは緊張の連続だったようです。
水屋の隅で一生懸命会記を暗記していたり、茶杓を持つ手が震えたり。
お運びでは、どなたに差し上げたらよいのか迷ってしまったり。
それでも六席を立派にきちんと勤め上げました。 機会があればまた、たくさんのお客様の前でお点前
を披露したいと、夢はふくらんでいるようです。


この席のテーマは「夏」。 花火の薄器、ビー玉を浮かべた水差しやガラスの平茶碗など、
夏の風物でお道具を取りそろえる中でも、極めつけは練りきりのお菓子「
すいか」。



ガラスの四方皿に乗せられた、へたのついた丸ごとのスイカがお客様に出されると「わぁー」。
黒文字でスイカ割りよろしく(もちろん上品に)切り分けると、中は赤い餡に、種を模した黒ごままでも。
職人技が茶席を和ませました。

 

 

2010年 鶴稜祭(9月18日、19日)には、

鶴稜茶屋(作法室)にてお茶会を開きます。

是非おいでください。